2009年05月06日

酒とキスと唾液とキス

「…ぐ……っ…」

首を絞められたイツキは、俺の手を掴んで、「苦しい」と目で訴える。
それでも一向に俺の手が緩まないと解ると、今度は足もバタつかせて、渾身の力で俺から逃げようとする。
それも気が済むと

白い顔をより白くさせて、目を見開いたまま、動かなくなってしまった。





一度イツキから離れ、リビングのテーブルに置いてあった酒のボトルを取りに行く。
その場で一口飲んで、またベッドに戻り、またそれを口に含んだ。
ベッドに上がり、身を屈め、気を失ったままのイツキにキスをする。
顎を掴み、薄く開かせた唇の隙間から、酒を流し込んだ。


二度三度と繰り返すと、イツキは目を覚まし、むせ返す。
意識のないところに飲まされたものだから、気管の変なところに入ったようだ。
涙をぽろぽろと零しながら、苦しそうに身を折り曲げて激しく咳き込む。
安物のマッカランだが度数は40以上ある。ストレートで飲むには少々きついだろう。
それでも、その顔を無理矢理上に向かせて、さらに口移しで酒を飲ませた。

「…や…、だ…、マサヤ…。…や…、…や……」
「口、開けろ。黙って、飲め」
「…マサヤ…、……マサヤ……」

ボトルの酒は半分以上、口の端から零れてシーツに吸い込まれていった。
やがて、酒が無くなると、後は互いの唾液を流しあい、舐め尽くしていった。





posted by 白黒ぼたん at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28932792
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)