2009年05月08日

汚い音と甘い声

ベッドの脇のチェストを開けて、いかがわしいオモチャを適当に選ぶ。
ゴツゴツとした突起のある、細長いアナル用のバイブは、イツキのお気に入りの物だ。
少し角度が付いているので、奥まで突き刺すと…変な場所に当たるらしい。
そのまま中で掻き回すと、いつも嫌、嫌、泣きわめいて、小便のように精液を垂れ流していた。
ローションはチューブごと中に刺して、丸々1本、流し込む。
栓をするように、すぐにバイブを挿れると、イツキはそれが何かすぐに解ったようで
いつものように腰を揺すって、「嫌、嫌…」と悦んでいた。


「…あ…ああん…、あ…んん…、嫌…、なんか…、きもち…悪い…い…、お腹の…とこ…、あたる…う…、ん…ん……」

スイッチを入れて振動させたそれを、小刻みに動かしてゆく。
腹に力が入ると時折、中のローションが汚い水音と共に飛び散った。
まるで、オナラの様な音に、イツキ自身も恥かしく思うようで

…今更、恥かしいもクソも無いと思うが…

唇を噛み締めて、顔を背け、ふるふると首を横に振ったりする。

「…いや…ぁぁ…ん…。そんなに…したら…、俺の…おしり…、ぐちょぐちょに…なっちゃう…。おもらし…しちゃう…、やだ…やだ…ぁ…」

ある程度酔いも回っているせいか、イツキはそう、言う。
助平ジジイどもを喜ばせる、営業用の言葉だ。
もちろん、そう言うように仕込んだのは俺なのだが…今はその甘ったるい声が、何故か鼻にさわって…



「……っや……、いやーーっっっっっ」

イツキの下腹にバイブの形が浮かびあがるくらい
強く、乱暴に、中を掻き回してやった。




posted by 白黒ぼたん at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28953075
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)