2009年05月09日

限界イツキ



勢い、バイブを引き抜いて、息を付く間も与えず
俺自身を突き刺す。
ローションを流したイツキの中は、正直、ぬるみ過ぎていて物足りない。
腰を上げさせ、太腿のあたりを思い切り平手打ちしてみると…多少、具合が良くなる。
脚や、腹や、胸を何度も打ち、ペニスに爪を立てて扱き、最後にはまた首に手を掛けて…奥に、射精した。

それでもまだ硬さの残るそれを、ずるりと引き抜くと
イツキの髪の毛を掴んで、身体を起こす。
イツキの顔を股間に押し付ける。それは何も言わなくても「舐めろ」という事なのだが
イツキははあはあと息を整えるのに忙しくて、なかなか口を開けない。
仕方が無いので、こめかみの辺りを一度殴ってから顎を掴んで、無理矢理こじ開けた口にペニスを押し込んでやった。


苦しいのは解っている。
上から押さえつけられれば、満足に息も出来ないだろう。
しばらく経つと、じたばたと身体を動かし、手で、俺の身体を押し退けようとした。

けれども、そうなっても…イツキは決して、咥えたものに歯を立てることはしない。
それをすれば今度は、本当に酷い仕打ちをされる事を、身を持って知っているからだ。




「…がっ……げふっっ……っっ…」

限界だったのだろうか、イツキは渾身の力で腕を突っ張り、俺の股間から顔を離した。
同時に激しく咳き込み、何度もえずき、おまけに



ケツから、ローションと俺の精液を垂れ流していた。







posted by 白黒ぼたん at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28971616
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)