2009年05月11日

逆上イツキ

「誰が、止めていいと言った? クソまで垂らしやがって…。イツキ、お前、ケツの穴が緩くなったんじゃないのか?」
「…はぁ…っ…はぁ……っ…、ぐっ…うう……、はぁっ……」
「あちこちでヤリ過ぎなんだよ。チンコなら何でも咥えるんだろう?節操のないケツだな…」
「……は…ぁ……は…ぁ……っっ」
「反論もしないか?そうだよな…、本当の事だもんな…。こんなに締まりが悪いなら、肉便器にしても最悪だな…」
「……ぁ……」
「………もう、役立たずか?……ゴミ箱にでも捨てるか?」

とりあえず…考えも無しに思いつく事を並べ立てた。
イツキは目に涙を浮かべて、まだ乱れる息を整えている。
シーツをきゅっと握り締め、カタカタと身体を小刻みに震わす姿が、


酷く似合う。



「…本当に…売れば良かったかな?あのビデオ屋に。…お前、アレ、大した格好だったな。あんな機械に掘られて善がってるようなら、もう、終いだよな…」
「……あ…」
「…あのテープ。もう出回ってるぜ?」



「…あんたが…、全部…、あんたが全部悪いんだろ!?」

突然イツキは顔を上げて、俺をキッと睨みながら大声でそう怒鳴った。
言った後は堰を切ったように、涙がぼろぼろ零れて落ちた。

「あんたのせいだよッ…俺が…こんな身体になったのも…、あ…あんなビデオ、撮られたのも…、あんたが…、あんたが悪いんじゃないかっっ」



今までしおらしく泣いていたかと思えば、逆上して、ブチ切れた。
その上…
やおら身体を起こしてベッドの端に手を伸ばすと



さっき、飲み干した酒のビンを手に取って、俺めがけて、振り回して来た。





posted by 白黒ぼたん at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29047035
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
イツキのおでかけ・6 by はるりん (04/02)
イツキのおでかけ・5 by ぼたん (04/01)
イツキのおでかけ・5 by はるりん (04/01)
おでかけイツキ・3 by ぼたん (03/30)
おでかけイツキ・3 by ひとみん (03/30)
おでかけイツキ・3 by はるりん (03/30)
イツキのおでかけ・1 by ぼたん (03/28)
イツキのおでかけ・1 by はるりん (03/28)
避難 by ぼたん (03/27)
フリ by ぼたん (03/27)