2009年05月14日

後片付け


マサヤはシャワーが終わったら戻ってくると思ったのに
そのまま身支度をして、部屋から出て行ってしまった。
勝手な奴。

俺はソファとテーブルの間の床に寝っ転がって、ティッシュさえも取れずに、しばらく…天井を見つめていた。

マサヤが俺をどうしたいのかなんて、解らない。
俺も。
割れたビール瓶の破片で、あいつの事を、滅茶苦茶に切り裂いてもいいのに
多分、出来ない。
それどころか、酷い行為の後に優しく抱き締めて欲しいだなんて、思っていることに…腹が立つ。

あいつは、俺を、道具か何かぐらいにしか、思ってないのに。



「…っくしゅっっ」

いい加減、身体が冷えて来たので、俺もバスルームに向かう。
熱いお湯に身体を浸すと、とりあえず、小さな幸せを感じる。
ベッドルームの掃除は、正直大変だった。
まったく。誰がこんなに散らかしたんだろうって、鼻で笑った。

キレイに糊の利いたシーツを張って、やっと布団に潜り込んだ時には、もう、窓の外が白み始めていた。
俺は目を閉じると同時に、深い眠りへと落ちていく。
すごく、疲れていた。

もう少しだけ…意識が…はっきりしていたら…気が付いたかも知れない。




バスタブに、熱いお湯を入れてくれたのが…誰だったかって。


posted by 白黒ぼたん at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29123311
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)