2009年05月18日

職場復帰

指定されたホテルは格別に良いランクでは無かったけれど、それでも最上階のスイートルームともなれば話は別で
エレベーターを降りて、そのフロアに入った時から、違う空気が流れた。
いやに毛足の長い絨毯は、ふかふか過ぎて足が引っ掛かるし
無造作に置かれた壷とか、絶対に近寄ってはいけない雰囲気を持っていた。

ああ…俺、こんな場所に…

ラーメン食べてから、来るんじゃなかった。

なんて、暢気に考えていた。



「仕事」をするのは久しぶりだった。
去年、高校生をやっていた時には、それでも3日に一度は呼び出されていたのに。
その回数が減って、代わりに、マサヤが毎日のように部屋に来ていたのは…どうしてだったっけ。
学校でレイプされたからだっけ?同じクラスのユータと、セックスしたからだっけ?
学校はそれなりに楽しかったけれど、俺が何かに楽しいのは、マサヤは気に入らないらしい。

朝も夜もなく、俺の身体を独占したかと思えば、干からびるほど放置して
それでいてまた、他の男に抱かせるんだから…

もう、訳わかんないよ。




「よく来たな、イツキ。久しぶりじゃねぇか。なんだ、少し、背、伸びたか?」

部屋に入ると、前にも何度か相手をしたことのある男が、上機嫌で俺を迎え入れた。
気安く肩を抱いて、親しげに髪を触る。
そのままソファに座らされて、目の前のグラスに酒を注がれる。
いきなり、ブランデーのストレートはキツ過ぎるけど、俺にそれを断る権利は無い。

「まったく。黒川の奴、出し惜しみしやがってよ…、…会いたかったんだぜ?イツキ…」

隣に座った男はそう言って俺の膝をぽんぽんと叩きながら、その手を…つつ、と上に滑らせていく。
それくらいの事で表情を変えるつもりはないけど、男がそれを待っているので、とりあえず嫌そうな振りをする。
指先が少し、脚の中心に触れて、虫唾が走った。

「お前も俺に会いたかったよな?なあ?…俺のチンポ、咥えたかっただろう?……そう言えよ、イツキ」

男は手に強弱を付けながら、上目遣いで俺の表情を探る。
俺は精一杯恥らいながら、その返事を、蚊の鳴くような声で呟く。

声が掠れて、震えていたのは

男を喜ばせるための演技で

久しぶりの仕事に緊張したから…じゃ…ないと…思う。







posted by 白黒ぼたん at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29211907
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)