2010年01月23日

ダメージ・2





「小野寺会長は『シャインリゾートカンパニー』の会長で、こちらではホテルとゴルフ場が3つ…最近では関東にも進出しています。
社長とは先代からの付き合いなんですよ」
「ふぅん。…その人が、今日の相手?」
「ええ…まあ…」

タクシーの中で一ノ宮は、イツキが今から抱かれる相手の説明をする。
屈指の財閥で政界にも顔が利き、表にも…裏にも権力を持っている事。
黒川より一回りほど年上らしいが、かなり親しい間柄だという事。
今から向かうホテルは、先日竣工したばかりで、今日は内々のお披露目パーティーがあるのだという事。

「…ああ、それで。こんなに人がいるんだ」

ほどなく車は目的地に到着する。
エントランス前には次々に車が寄せられ、外から見て解るほど、ロビーには人が溢れていた。

「俺も、出るの?それ?」
「…ええ。小野寺会長が…是非ご一緒に、と」
「マサヤも?」
「…ええ」

ホテルに入ると一ノ宮は、気持ち早足になって奥へと進む。
フロントに声を掛けると案内らしいボーイが現れ、2人の先に立って歩き出す。
エレベーターに乗り、大広間のある階へ。そこにもまた人が溢れ、開場の時間を待っているらしかった。
その人ごみを掻き分け、一ノ宮はイツキの背中を軽く押すようにして、来賓の控え室へと向かう。
時間が迫っているのか、何か心配事があるのか。…先刻からの歯切れの悪い物言いも気になっていた。

「すごい人だね。…何百人?」
「三百と聞いています。地域の関係者と、建設業者。グループ傘下の従業員も呼ばれています。まあ、そんなに改まったパーティーでは無いんですが…、ただ…」
「…一ノ宮さん?」


「イツキ君のご両親も、招待されているようです」

そう言われた瞬間に、イツキの血液は温度を無くし、何か冷たいものに変わった気がした。


posted by 白黒ぼたん at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34895432
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
イツキのおでかけ・6 by はるりん (04/02)
イツキのおでかけ・5 by ぼたん (04/01)
イツキのおでかけ・5 by はるりん (04/01)
おでかけイツキ・3 by ぼたん (03/30)
おでかけイツキ・3 by ひとみん (03/30)
おでかけイツキ・3 by はるりん (03/30)
イツキのおでかけ・1 by ぼたん (03/28)
イツキのおでかけ・1 by はるりん (03/28)
避難 by ぼたん (03/27)
フリ by ぼたん (03/27)