2020年09月26日

夜伽話








いつか、どこかの夜。昨日の続きだったかもしれない。
イツキと黒川はベッドの中で、他愛もない話。

実を言えば2人とも、かなり酒を飲んでいた。
時折呂律が回らないのも、ご愛嬌。



「……例えば、例えばだぜ?
借金を抱えたジジイがいたとして、だ。期日までには返せない。で、

俺は優しいからな、色々妥協案を見つけてやる。土地を売らないか?娘を売らないか?
ウチの鉄砲玉になって、一仕事しませんか?と。

だが一ノ宮は違う。あいつは俺より冷たいぜ?

保険があるので、死んで頂いても大丈夫ですよ、と。……そういう奴だ」



「…それは…、優しいとか冷たいって話なの?……どっちもどっちだと思うけど…」




最近、妙に一ノ宮の評判が良く、黒川は多少、気にしているらしい。
黒川と一ノ宮の関係は微妙で、イツキにもまだよく解らない。





「いつでも穏やかに見えるのは、本心を隠しているからさ。…腹ん中は真っ黒だぜ」

「…その真っ黒が、表に出ちゃってるよりは良いと思うけど……」

「……それは、俺のことかよ?」





黒川は身体を起こし、傍のイツキに覆いかぶさり、…憎々しいことを言う恋人の唇を塞いだ。







ただ、それだけの話。






posted by 白黒ぼたん at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
記録・1 by はるりん (09/29)
夜伽話 by はるりん (09/27)
歓迎会・2 by ぼたん (09/25)
歓迎会・2 by はるりん (09/24)
歓迎会・2 by ぼたん (09/23)
歓迎会・2 by はるりん (09/23)
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)