2019年11月02日

イツキ沼







終わった後のイツキは実にサッパリと
松田の腕の中からするりと抜け、シャワーを浴びに行く。
戻って来るとすでに身支度を終えていて、横のソファに座り、茶などを飲む。

あまりに普通すぎて、数分前までの出来事が嘘のようだった。



あれだけ身体をくねらし腰を揺らし、艶めいたヨガリ声を上げていたと言うのに
………演技だったのか?

と、一瞬、戸惑う。



それでもそれを口にするほど、松田は野暮な男ではないし…、まあ、イツキにも色々…思うトコロはあるのだろう。
帰り際に、一応、『………悪かったな』と、お決まりのセリフを言うと、イツキは

『………いいえ』

と小さく笑って、首を横に振るのだった。






イツキと別れ、自宅に戻り、一人。
松田は、イツキとの時間を思い出す。
どこから、どこまでが、飾らない素の姿だったのだろうか。
本当はもっと、違う姿が見られたのではないか。

もっともっともっと、イツキを鳴かせ熱くし、自身の手で狂わせることが出来たのではないか。

征服し好きに扱ったつもりが、逆にすっかり、支配されてしまったよう。




とぷりと、沼に落ちる自覚は、あった。




posted by 白黒ぼたん at 21:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)